大学生のための就職応援サイト

就職活動の全体像

まずは、就職活動の全体像をチェックしよう。

〈 就職活動の全体像 〉
① 性格テスト まずは、逆指名型に登録しましょう。
逆指名型に登録→WEBテスト(性格検査)に移行し、
これが選考につながるので要注意。
② 自己分析 逆指名型に自己PRを書く時から自己分析が始まります。自己分析は「何がしたいか」の就活の軸へとつながります。
③ 自己PR
ガクチカ(学生時代の活動)
ガクチカ(学生時代の活動)などに代表されます。素直な心で自分の強みを書きましょう。逆指名型に自己PRを書くことが入社テストにつながります。
④ 履歴書・エントリーシート いつからエントリーが始まるのかの情報収集を忘れずに行うことが大切です。エントリーが開始されれば、積極的にエントリーしましょう。
⑤ 業界研究・企業研究 逆指名型から連絡がくる企業の研究から始まります。
⑥ インターンシップ 大学生の早い段階からインターンシップが始まります。秋~冬にも開催されるので、インターンシップに積極的に参加しましょう。
⑦ 会社説明会 説明を聞くだけもありますし、話をする場合もあります。何か話す必要のある時は、堂々と話ができるように自信をつける意味で、自己PRを話す練習をしておきましょう。
⑧ WEBテスト
(SPI対策・玉手箱対策)
性格テストと試験問題があります。
⑨ グループワーク チームで作業する中で様々な能力を企業が見ています。
⑩ 面接練習 練習の努力の時間が自信を生みます。

※ 選考スケジュールは企業により異なります。「知らない間に志望企業の選考が終わっていた」ということの無いよう に注意しましょう。最近は、通年採用を実施する大手企業も増えてきたので、志望する業界や企業の選考スケジュー ルの動向を注視するようにしましょう。

①性格テスト

まずは、逆指名型に登録しましょう。
逆指名型に登録→WEBテスト(性格検査)に移行し、これが選考につながるので要注意。

性格テストは企業が学生のパーソナリティを把握するための心理検査で、多くの企業で選考の際に取り入れられているものです。結果は学生の性格の特徴の他にもどんな業務や職場環境に適応しやすいかが数値として算出されます。準備が必要なので、大学生の早い段階で逆指名型に登録しておきましょう。逆指名型はオファーボックス、キミスカが有名です。登録する際の1番の注意点は、性格テストは書き直しができないことです。その診断結果は、企業が学生を識別する項目にもなっています。ネガティブな気持ちで書くより、ポジティブな気持ちで書くことをお勧めします。オファーの件数、内容に影響します。

②自己PR

逆指名型に自己PRを書く時から自己分析が始まります。
自己分析は「何がしたいか」の就活の軸へとつながります。

自己分析は就活初期の重要な段階のひとつです。自分の過去の出来事や経験を振り返って、自分自身の強みや興味、特徴を分析し、具体的に導き出します。そこから、自分がどんな業界に向いているか、志望なのかが見えてきて、それが自分自身の「就活をする上での基準」つまり「就活の軸」となります。この工程をしっかりと行うことで、抽象的ではない具体的でオリジナリティのある自己PRの作成へとつながります。就活では自分を全く知らない人に対して短時間で自分自身の考えや個性を伝える必要があります。ですので、ここで得た分析の結果はきちんと自分自身でまとめ、理解しておきましょう。就活をしていく中で考えが深まり変わることもあるので、早めに自己分析を行っておき、いつでもアップデートできるようにしておきましょう。

③自己PR  ガクチカ(学生時代の活動)

ガクチカ( 学生時代の活動)などに代表されます。素直な心で自分の強みを書きましょう。
逆指名型に自己PRを書くことが入社テストにつながります。

自己PRとは、「自分自身の強み」と「入社後、どのように活躍するか」などの個性を企業が判断するための大切な要素です。ですので、特別なことを書く必要は無く、アピールや書き方の工夫次第で効果的な自己PRを生み出すことが可能です。自己PRをしっかりと準備さえしておけば大きな武器になります。大事なのは前項にもある自己分析です。客観的な視点で自己分析を行うことで自分自身のPR 部分を掘り出し、他の人には書けないオリジナリティのある自己PRを作成しましょう。企業に合わせて書いてしまうと薄っぺらい内容になってしまうこともあるので、ここではオリジナリティを意識して書いた方が良いです。ですので、ネットなどでは例文が紹介されていたりもしますが、あくまで参考にする程度にとどめ、丸々例文を使うことは避けた方が良いでしょう。

④履歴書・エントリーシート

いつからエントリーが始まるのかの情報収集を忘れずに行うことが大切です。
エントリーが開始されれば、積極的にエントリーしましょう。

エントリーシートとは「自分自身の人柄を企業にアピールするための書類」です。経歴・スキル以外のものも記載して伝える点で履歴書とは異なります。略してESと呼ばれることも多いです。インターンシップ選考や最初の選考として多くの企業が学生に課しています。企業は多くの志望者全員と面接することはできませんので、学生を選別するための足切りと言われています。志望動機、自己PR、学生時代に力を入れたことなどのオーソドックスな質問から、会社独特のフォーマットや質問まで様々なものがあります。ここを突破しないと面接にたどり着けないことも多いので、しっかりと調べて臨みましょう。企業に「この人に会いたい」と思わせるのが目標です。「数撃ちゃ当たる」ではなく、1社ごとに最適なエントリーシートを作成することが大切です。

⑤業界研究・企業研究

逆指名型から連絡がくる企業の研究から始まります。

業界研究は自己分析や企業研究と並んで就活の上で大切な工程のひとつです。業界とは、事業内容を基準にして企業を分類したもののことを言い、業界研究をすることで、既知・未知を問わず、世の中にある業界について種類や特徴を知り、興味を感じ、自分が行きたいと思う業界を見つけることができます。その、理解を深めるための一連の行動の中で新たに自分自身の「就活の軸」を見つけられることもあります。ある程度の志望業界が絞り込めると、次は企業研究です。企業研究で大切なことは選考を突破するために企業の特徴を理解し、自分との相性を見極めることです。そのため、企業研究では業界研究よりも視点を深くしていきます。具体的には、対象の企業の業界内での位置付けを調べたり、特徴の更なる掘り下げなどです。できる範囲で詳しく調べてみましょう。これを行うことで志望動機を書く際に内容を具体化して書きやすくなります。

⑥インターンシップ

大学生の早い段階からインターンシップが始まります。
秋~冬にも開催されるので、インターンシップに積極的に参加しましょう。

インターンシップとは学生が実際に企業で仕事を体験する制度のことです。開催期間も企業によって異なり、短期で終わるものもあれば数か月の長期に及ぶものなど様々ありますので、自分に合ったものを探し選択しましょう。インターンシップでは、学生と企業がお互いを知ることができます。ですので、会話、グループワークでの発言、質疑応答ができるように、面接のような練習をしておくのが大事です。学生が企業の人とリラックスして自然体で話をすることは、最初はできないのが普通ですので、話せるように練習しておきましょう。頭で考えた通りに話せる人はほとんどいません。自分のことを話せるようになるには練習あるのみです。また企業によってはインターンシップ参加者限定で特別選考フローを設けているところもありますので、機会を逃さないためにも積極的に参加しておきましょう。

⑦会社説明会 

説明を聞くだけもありますし、話をする場合もあります。何か話す必要のある時は、
堂々と話ができるように自信をつける意味で、自己PRを話す練習をしておきましょう。

会社説明会とは大きく分けて合同企業説明会と単独の会社説明会の2つがあります。参加社数の違いが一番の違いで、両方において企業は事業内容や規模、沿革や組織構造、理念など、名前の通り企業の説明を行うことが一般的です。合同企業説明会では、興味のある企業を効率よく回れるように事前に把握しておく必要があります。また、単独の会社説明会では事前予約が必要な定員制であることが多いので、参加する際には会社説明会の概要をチェックしておきましょう。ここも学生と企業がお互いを知る場所です。何か話す必要のある時は、堂々と話ができるように練習をしておきましょう。企業によっては会社説明会への参加を選考の必須条件にしているところもありますので、注意して調べておくようにしましょう。

⑧ WEBテスト(SPI対策・玉手箱対策)

性格テストと試験問題があります。

WEBテストとは企業が学生の能力や性格などを測定し、面接に進む人の数を絞るためのものです。性格テストと試験問題の2種類があります。
1,性格テスト
ウソを書くことはないですが、ネガティブな気持ちで書くより、ポジティブな気持ちで書くことをお勧めします。
2,試験問題
これは練習あるのみです。難しいというより、練習が重要です。「SPIテスト」と「玉手箱」が有名です。ここを通らない限り、面接にはいけません。また、近年ではインターンシップの参加者も増えたため、本選考と同様に、インターンシップの参加にもWEBテストを課す企業も増えています。大切なステップですので、出来れば就活が忙しくなる前から準備をしておきたいものです。

⑨ グループワーク

チームで作業する中で様々な能力を企業が見ています。

グループワークとは就活の選考などでよく用いられる、グループでの議論を通して、最終的に何か成果物を作成したり、プレゼンを行ったりすることです。企業によっては「グループワーク」「グループディスカッション」などと呼ばれることがありますが、両者に明確な違いの定義はありません。ここでの注意点は最終の成果物についつい目がいきがちですが、大事なのは過程で、そちらに評価の比重が置かれているのを意識しておくことです。割り振られたチームで行うのが一般的で、作業型・課題解決型・選択型・ビジネス型などの種類に分けられることがあり、企業は学生の論理的思考力やコミュニケーション力、積極性、協調性などを主にチェックしていることが多いです。企業がどんな人を採用したいかをしっかりと調べ、自身の立ち位置を決めて参加するようにしましょう。

⑩ 面接練習

練習の努力の時間が自信を生みます。

面接は学生の業務に対する資質や意欲、コミュニケ―ション能力を確認する場です。WEBテストやエントリーシートが足切りの選考であるとするならば面接は通過させるための確認の場であると言えます。企業は「この人と仕事をしたい」「この人なら入社すれば活躍しそうだ」という視点で学生を判断するため、自己PRをきっちり整理し、よどみなく話せるようになりたいものです。自己PRの練習や、よく聞かれそうな質問に対する答えの練習をするなりしましょう。努力すれば、それが自信となり、自信にあふれた面接対応ができます。面接の流れや想定される質問を紹介している本やサイトはたくさんありますので、自分で調べたり、分からないことは大学のキャリアセンターに相談して準備をしておきましょう。努力あるのみです。